先住猫と新入り子猫が仲良くなるまでの7日間とその後

猫が重なり合って寝ている動画や
毛づくろいする様子がカワイイ!

我が家のクーさん(2歳オス)も
こんなふうに寄り添いたいんじゃないかな~。

そんな思いから
子猫を迎えることにしました。

子猫を迎えて最初の7日間と
その後の様子を紹介します。

新入り子猫を迎えるときに心配なこと

クーさんは、新入り猫さんを受け入れてくれるのか?

それが一番心配でした。

保護猫だったクーさんは、1歳で我が家へ来ました。
たくさんの猫や犬と暮らしていたので、受け入れること自体は大丈夫だと思うのです。

でも、猫だって相性があるよね?

先住猫にとっては、
新たに猫を迎えるなら自分より若い猫の方が、受け入れがスムーズです
とのこと。


コロナ渦で在宅勤務になった家族もいるし、今なら子猫でも留守番時間を気にせず迎えられる!

そこで、新入り猫さんには子猫を迎えることに決めたのです。

先住猫
クーさん 
ハチワレ 2歳オス

1歳のとき、保護団体から我が家へきました
犬、猫、おじさんとも仲良くなれる、穏やかな性格

新入り猫(子猫)
マーちゃん 
キジトラ 3か月メス

ちょっとおとぼけさんで甘えっこ
人の動きをじっと見ていて、逃げるのを忘れる

初めて猫を迎えるときは準備についてのサイトも参考にどうぞ。


1日目 子猫とご対面

子猫のマーちゃんがキャリーに入って、やってきました。
3か月の女の子です。

他の猫の気配に、いつも穏やかなクーさんが尻尾を太くしてキャリーに向かって「シャー!」

「ニャァァァァ~~」と変な長鳴きをしてウロウロしています。

警戒して尻尾を膨らます猫
尻尾がブワっと膨らんだ!

新入り子猫のマーちゃんは、静かにジッとしています。

とにかく、マーちゃんを2段ケージに移し、布で目隠しをしてみました。

子猫が直接見えると興奮するので、まずは気配に慣れさせる作戦です。

クーさんはケージを気にするも、威嚇することはありませんが、
時々思い出して、目隠しの隙間をのぞいて、
「シャー!」と「ニャァァァァ~~」。

子猫の様子を覗き見る猫
どうしても気になって見に来てしまう

しばらく様子を見ていると、マーちゃんがケージの中で暴れだしました。
どうやら、ケージが嫌いらしいのです(汗)

仕方なく、ケージの外へ出してみました。

マーちゃんは、背中を低くして部屋の隅を静かに移動しています。


キャットタワーを見つけて登っていくと、すかさずクーさんが
「シャー!!」

飛びかかりそうだったので、急いで子猫をケージへ戻しました。

マーちゃんは、カリカリを少しと、ウェットを少し食べました
目隠しのせいで、トイレと、水を飲んだかは確認できません。

夜、電気を消すと、小さく鳴きだしました。

寂しいのかな、と思い、子猫を撫でていると、
クーさんが、静かにこちらをジッと見ていました。

2日目 子猫の初トイレ

朝早くからずっと鳴いているマーちゃん。

おなかがすいたのかと、カリカリをあげてみたけど食べない。
とにかくケージの外へ出たいみたい。

ここでようやく、お水を飲むところを確認!

家族が起きてきたので、ケージから出してクーさんと別の部屋へ隔離してみました。

子猫は、部屋の隅に隠れてしまうけど、好奇心に負けて、すぐに部屋を探検し始めます。


クーさんは、子猫のいる部屋を気にするけど、特に問題なし。
子猫は、置いておいたカリカリを少し食べ、私の体に寄り添って眠ってしまう。



カワイイ!!

夕方には、クーさんと合流させてみました。

子猫は大きいトイレでオシッコできました
その様子を、クーさんは高いところから静かに観察しています。

高いところから子猫の様子を見る猫

あれ?

クーさんはもう「シャー」って言わない?

逆にマーちゃんの方が、「シャー!」と元気に威嚇。

しばらくはお互いに意識しながらも距離をとって過ごしていましたが、
最後には、ふたりとも「シャー!」「シャー!!」となってしまい、
子猫をケージへ避難させました。

昨日はケージの上段へ上がれなかったマーちゃんが、今日は上段のハンモックでくつろいでいます。


夜、電気を消しましたが、今日は鳴きませんでした。

3日目 子猫 一人で遊び始める

今朝は鳴かずに静かにしているマーちゃん。

クーさんが朝ごはんをねだりに来たのでマーちゃんにもあげると、同じタイミングで、ちゃんと食べてくれました。

マーちゃんが「ケージから出せ!」と騒ぐので、ケージの外にあるトイレにポンと入れると

初ウンチ!

ケージの中にある小さなトイレは嫌いみたい。

今日も二人を二部屋に分けました。

私が横になっていると、くっついてきて二の腕をフミフミ。

二の腕をフミフミする子猫
ちっちゃい手でフミフミ


子猫は順応が早いのかな?
それとも、この子がそういう子なのかな?

隣の部屋からクーさんが呼ぶので
ちょっと合流させてみました。

しばらく距離をおいてマーちゃんを観察をしていたクーさんがススーっと寄ってきて、子猫の鼻に鼻を寄せてきました。

すかさず、マーちゃんが「シャー!」
クーさんも応えて「シャー」


あ~あ。

二人を隔離して、午後から仕事へ行きました。

ん?

帰ると二人がリビングで自由に過ごしてる!

誰かが一緒にしたな。

時々追いかけっこをしては、

マーちゃんが「シャー!」
クーさんがパンチ!

そして、隙を見ては、クーさんが
マーちゃんのお尻の匂いを嗅いでいました

おしりの匂いには、猫の個人情報がたくさん詰まっているらしく、どんな猫か知るために、優勢の方が劣勢の猫のおしりの匂いを嗅ぐのだとか。


クーさんが子猫に興味を持っていて、受け入れる準備をしているのかな。

二人並べてご飯をあげてみると、普通に並んで食べてます。

なんかいい感じ。

マーちゃんは、新しい家に慣れてきて、
部屋の中のいろんなもので激しく遊んでます(笑)。

オモチャで遊ぶ子猫
ひとり、激しく遊びます


部屋を満喫しているようです。


クーさんは、マーちゃんがが近づくと、お尻の匂いを嗅いでいます。

マーちゃんは、されるがままです。

子猫が可愛くてナデナデしたいけど、ぐっとこらえて、できる限りクーさんを優先的にナデナデ

夜、ケージに入れられた子猫は、「出せー!」とばかりに暴れだしたけど、すぐにあきらめて静かになりました。

4日目 先住猫と並んでご飯

ご飯をおねだりして、クーさんが騒ぎ出すと、
つられて子猫も「ニャーニャー!」

二人並んでご飯を食べました。

一度にたくさん食べられないマーちゃんがご飯を残すと、クーさんがそのご飯を食べてしまいます。


子猫の餌は、大人の餌に比べて美味しくて、カロリーも高いようです。
さっさと片付けてしまわないと、クーさんが太ってしまう…。

お昼にマーちゃんにだけ餌を少し食べさせたいけど、クーさんが目ざとくて
なかなかこっそりあげられません。

クーさんがひがんでしまわないよう、こっそりあげなくちゃ。

子猫は、相変わらず一人でガンガン遊んでいて、それを見ているクーさんが、ときどき寄って行っては猫パンチ!


とはいっても、手加減をしているみたいで、「猫パンチ」というより「猫タッチ」

優しい。

マーちゃんは「シャー!」というけど、すぐにケロッとして遊びだします。

クーさんはもう、「シャー」と言わなくなっています。
キャットタワーのてっぺんから、子猫の様子を静かに見ています。

あれ?

クーさんがのっそりマーちゃんに近寄って、お尻を舐めています。
毛づくろいも始めました。

子猫を舐める先住猫
押さえつけて舐めています(笑)

夜。
マーちゃんはケージの中で、鳴かずに静かに眠りました。

5日目 先住猫 子猫を受けいれ始める


二人の声で起こされました。

マーちゃんはご飯を半分残して遊び始め、あちこちのトイレを試しています。

クーさんをナデナデしていると、
マーちゃんが寄ってきて、クーさんの尻尾にじゃれついてきました。

クーさんは振り向きもせず、わざと尻尾を大きく振っています。

あやしているみたいです。

マーちゃんがクーさんのお尻の匂いをかぎに来たけど、クーさんは怒りません。

二人が一緒に遊ぶことはないけど、お互いにどこにいるか気にしてるみたいです。

先住猫を後ろから見ている子猫
マーちゃんはクーちゃんの後をついてまわります

だんだん近くで過ごすようになって、そばでくつろぎ始めてますね。

子猫と先住猫

クーさんがマーちゃんを受け入れたんだなと思いました。

今夜はケージに入れず、そのままおやすみなさい、にしました。

6日目 子猫と先住猫 寄り添う


二人の、ドタバタと走り回る音で起こされました。

マーちゃんは、部屋中の色々なところで遊んでは、クーさんのところへ戻ります。

クーさんはマーちゃんの体やお尻をせっせと舐めています。

マーちゃんが、クーさんのおなかの下に入ろうとしています。

なんだか必死に甘えているように見えて、
すこし切なくなりました。

子猫が先住猫に甘える
マーちゃんはクーさんのおなかの下でモゾモゾ動きます

マーちゃんは、母猫さんと離れて初めて甘えられる相手を見つけたのかも。


夜には二人で寄り添って眠りました。

7日目 先住猫に甘える子猫

今朝は二人で、
おりこうさんに並んで座ってご飯を待っていました。

今日でトライアルが終了です。
クーさんに甘えるマーちゃんと
マーちゃんの母猫さんにでもなったようなクーさん。

正式譲渡をお願いして、子猫は我が子となりました。

1か月後 先住猫 怒る

1か月後

マーちゃんの、クーさんへの甘えがエスカレートしています。

クーさんのおなかをまさぐり、
クーさんの肉球をチュッチュと吸っています。

クーさんの肉球がとれちゃうんじゃないかってくらいの勢いです!

クーさんの行くところに付いていき、
クーさんのいる場所に割り込んでしまうので、
クーさんが追い出される格好に…。

先住猫の肉球を吸う子猫
チュッチュっと音がするほど強く吸います

そして、とうとうクーさんが怒りました!

近づくと「シャー!」
ちょっかいをだすと猫パンチ!

ガブっと背中を噛まれて(ケガはないです)
しゅんとするマーちゃん。

あんなに仲良しだったのに。
クーさん、嫌になっちゃったのかな(涙)。

マーちゃんはめげません。

クーさんが寝てると、そぉっと近づいて添い寝をしています。

なんとか仲良くなってくれないかな、と思うのですが、いつもクーさんの居場所をとってしまうマーちゃん。
もうすこしクーさんとの距離感を覚えないと、ダメかなと。

3か月後 子猫 学習する

マーちゃんが来てから3か月が過ぎました。

肉球チュッチュをさせてもらえなくなったマーちゃんは
自分の後ろ足の肉球をチュッチュし始めました。

私たちのそばに寄ってきて
「ニャー」とかすれた甘え声で鳴いて膝の上に乗り、
自分の肉球をチュッチュします。

自分の肉球を吸う子猫
膝の上はよだれでびしょびしょです

クーさんとは、ちゃんと仲良くなりました。

マーちゃん、前みたいに強引に絡んでいかなくなりました。

きっとクーさんの教育のおかげで、上手に付き合えるようになったのだと思います。

今でもマーちゃんは、クーさんの後をついていき、そばによっては、同じポーズでくつろいでいます。

同じ格好で並んで寝る猫
なぜか同じ格好をします

これから寒くなってきても、
二人でくっついてぬくぬくとしていられるね。

人と同じで、猫関係も常に一定じゃなくて、仲良くなったり、悪くなったり、お互いの関係が日々変化していくものなのでしょうね。

仲良くくっついている猫
マーちゃんはクーさんが大好きです


コメント

タイトルとURLをコピーしました